[マクリーン(米バージニア州) 2日 ロイター] - バイデン米大統領は2日、先週行われた大統領選討論会で精彩を欠いたことを認め、6月前半に2度の外遊を行った後の時差ぼけで眠かったと説明した。

[麦克林(美国弗吉尼亚州)2日 路透社] - 拜登美国总统2日承认,上周举行的总统选举辩论会上缺乏精彩表现,他解释说,由于6月上旬的两次出国外访后的时差反应,他感觉很困。
原创翻译:龙腾网 https://www.ltaaa.cn 转载请注明出处


バイデン氏は2日夜、バージニア州マクリーンで開かれた選挙イベントで、討論会について「最高の夜ではなかった。私はあまり賢くなかった。討論会の前に世界を2、3周することにしていた。スタッフの意見を聞かず、帰国して、討論会で眠りそうになった」と発言。「言い訳にはならないが、説明にはなる」と語った。

拜登在2日晚于弗吉尼亚州麦克林的选举活动上说:“那不是我最好的表现。我确实不够机智。在辩论会前,我决定到世界各地跑一跑。我没听从工作人员的建议,回国后在辩论会上差点睡着。”他补充道:“这不是借口,但可以作为解释。”
原创翻译:龙腾网 https://www.ltaaa.cn 转载请注明出处


バイデン氏は先月上旬にフランスを訪問、中旬にイタリアで開催された主要7カ国(G7)首脳会議に出席し、閉会を待たずに帰国。15日にロサンゼルスで開催されたオバマ元大統領との資金調達パーティーに出席した翌日、ワシントンに戻った。

拜登上月初访问了法国,中旬参加了在意大利举行的七国集团(G7)峰会,并在会议结束前提前回国。15日,他参加了在洛杉矶与前总统奥巴马共同举办的筹款活动,第二天返回华盛顿。

その後、27日の討論会に向けてキャンプ・デービッドで6日間を過ごした。ホワイトハウス関係者は、バイデン氏の討論会での不調を風邪のせいにしている。バイデン氏は2日のイベントで体調不良に言及しなかった。

之后,为了准备27日的辩论,拜登在戴维营呆了六天。白宫官员表示,拜登在辩论中的表现不佳是因为感冒。拜登在2日的活动中并未提及身体不适。