深刻な後遺症の危険も 「暑さ負債」が熱中症の引き金に

可能会留下严重的后遗症,“炎热负债”成为中暑的导火索

今年の夏は体温を上回る最高気温が各地で報告され、熱中症の患者が増加した。当分、厳しい暑さが続く見通しだ。これまでの猛暑により体力が消耗し、疲労が蓄積しているため、屋内でクーラーをかけていても熱中症を発症してしまう危険が指摘されている。さらに高齢者や乳幼児にとっては、症状が改善しても臓器不全や認知機能障害などの重篤な後遺症を招いてしまう恐れがあることを忘れてはいけない。

今年夏天各地都报告了超过体温的最高气温,中暑的患者增加了。预计酷暑仍然将持续一段时间。由于一直持续的酷暑消耗了人们的体力,积累了疲劳,所以即使在室内开空调也有中暑的危险。而且,对于老年人和婴幼儿来说,即使症状改善,也有可能导致脏器衰竭和认知功能障碍等严重后遗症。
◇「非労作性熱中症」


「熱中症というと、昼間に激しい運動や労働作業をして急激な脱水から意識低下、臓器不全に至る『労作性熱中症』に注目が集まりがちだ。この異常な暑さでは、この熱中症にはある程度の対策は取られてきたし、警戒もされてきた」
熱中症対策に詳しい済生会横浜市東部病院患者支援センター長の谷口英喜医師はこう話す。その上で心配なのは、屋内作業や通常の家事、就寝中などの日常生活で発症する「非労作性熱中症」だという。

◇“非劳动性中暑”
对中暑对策非常了解的济生会横滨市东部医院患者支援中心负责人谷口英喜医生表示:“说到中暑,人们往往把注意力集中在白天进行剧烈运动或劳动作业导致的急剧脱水、意识低下、脏器衰竭的‘劳动性中暑’上。在这种异常炎热的天气下,人们对这种中暑采取了一定程度的措施,也提高了警惕。”
但更令人担心的是,在室内工作、做家务、睡觉等日常生活中发作的“非劳动性中暑”。

「これまでの暑さによる疲労や不眠による体調不良、慢性的な脱水状態が蓄積した『暑さ負債』が危険水位に達して熱中症になってしまうことで、相対的に体力が弱い高齢者や乳幼児などはもちろん、元気そうに見える壮年世代も警戒が必要だ」
谷口医師は「警戒すべき状況が変わってくる」と警鐘を鳴らす。就寝中はもちろん、日常の家事なども一人で済ませていることが多いだけに、体調が急変してもなかなか発見してもらえないという危険が加わるからだ。「特にこの夏のような異常な暑さでは、昨年までの経験は参考にならない。少しでもおかしいと思ったら家族に声を掛けるか、救急車を呼ぶくらいの対応が必要だ」と話す。

“由于持续的高温引起的疲劳和失眠引起的身体状态不良,慢性脱水等因素,都会给身体带来‘债务’,这些‘债务’积攒到一定水位就会引起中暑。相对来说体力较弱的老年人和婴幼儿等就不用说了,看上去很健康的壮年一代也要警惕。”
谷口医生敲响了警钟:“现在人们应该警惕的状况不太一样了。”,现在很多人都是一个人的,除了睡觉以外,日常做家务事的时候如果身体状况变差了却没人发现,这是很危险的。他说:“特别是像今年夏天这样异常炎热的天气,以前的经验都没有参考价值。只要有一点不对劲,就应该通知家人或叫救护车。”

◇1~2時間ごとに水分補給
非労作熱中症でも、基本的な対策はこれまでと変わらない。喉の渇きの有無にかかわらず、一定時間ごと、できれば1~2時間ごとに150ミリリットル前後の水分補給が望ましい。「起床時にはこの他に200ミリリットル前後を、体調が悪いと思えばゆっくりでいいからスポーツドリンクなどを500ミリリットル前後飲んでほしい。もしそれが飲めないようなら、救急車を呼ぶべき状態だと思ってほしい」
カフェインを多く含んだ飲料を飲むと尿意を催すような人は、そのような飲料は避けた方がいい。さらに、体内で分解するために水分が必要とされるアルコール飲料は水分補給どころか、逆効果になってしまうことも覚えておこう。

◇每隔1 ~ 2小时补充水分
即使是非劳动中暑,基本的对策也一样。无论口渴与否,最好每隔一段时间,1~2小时补充150毫升左右的水分。“起床时还可以喝200毫升左右,如果觉得身体不舒服,也可以喝500毫升左右的运动饮料。如果喝不下去,就应该叫救护车。”
如果有人喝含有大量咖啡因的饮料,就会产生尿意,那就最好不要喝这种饮料。另外,酒精饮料在体内分解时需要水分,所以喝酒是不能补充水分的,反而会起到反效果,这一点也要记住。

◇エアコン利用は不可欠
電気代の負担や冷風が体に当たるために、エアコンを使いたがらない人もいる。しかし、谷口医師は「今年のような暑さでは、生存のために不可欠だと考えてほしい。一晩や二晩なら耐えられるかもしれないが、何日も続けば不眠や脱水だけでなく、体力低下にもつながる。室温は28度以下、湿度は60%以下に保つようにしてほしい」と強調する。
エアコンをつけると寒いという人に対しては、「冬物のパジャマを着たり、毛布を使ったりした上でもよいから、エアコンを使ってほしい」と谷口医師。エアコンで室温が下がっていれば、呼吸の際に冷気を肺が取り込み、体温を冷やすことができる。

◇空调不可缺少
也有人因为电费负担和冷风吹在身上而不想使用空调。但是,谷口医生说:“像今年这样的高温天气,希望大家能认识到这是生存所不可缺少的。一两个晚上的话也许还能忍受,但是连续几天的话不仅会失眠和脱水,还会导致体力下降。并强调说:“希望把室温控制在28度以下,湿度控制在60%以下。”
对于觉得开空调会冷的人,谷口医生说:“即使穿冬装睡衣或使用毛毯也可以,最好还是开着空调。”空调能使室温下降,呼吸时肺部就能吸收冷气,以此降低体温。


◇室温は寒暖計で確認を
もう一つ大切なのが、室温の確認だ。谷口医師は「エアコンを28度に設定すればすぐに室温が28度になるわけではなく、30度を超え続けていることが珍しくない。設定温度はエアコンから吹き出す風の温度と考えるべきで、強い日差しや建物からの放射熱、すきま風などで設定通りに冷えないケースが珍しくない」と指摘する。特に、いつまでもエアコンが稼働し続けている状態であれば、エアコンのセンサーが設定温度に達していないことを感知している証拠だ。谷口医師は「寒暖計を枕元や食卓のそばに置いて、室温が適正になっているか確認する習慣を付けてもらいたい」と話す。

◇用温度计确认室温
还有一点很重要,就是确认室温。谷口医生说:“并不是把空调设定为28度,室温马上就会变成28度,持续超过30度的情况并不少见。设定温度应该考虑从空调吹出的风的温度,由于强烈的阳光、建筑物的辐射热、缝隙吹进来的风等原因,经常导致无法按照设定温度降温。”特别是,如果空调一直处于持续运转的状态,就说明空调传感器已经感知到温度没有达到设定的温度。谷口医生说:“希望大家养成把温度计放在枕边或餐桌旁,确认室温是否合适的习惯。”

◇他の疾患誘発、認知機能低下
谷口医師がここまで警戒を呼び掛ける背景には、熱中症の後遺症が高齢者を中心に大きな問題になっていることがある。「高校生なら救急車で搬送されても、点滴や体を冷やすなどの措置を施せば、1日で退院できる。しかし高齢になれば、熱中症自体の症状は治療で回復しても脳血管系や循環器系の疾患を誘発したり、認知機能が大幅に低下してしまったりして、1週間以上の入院やその後の介護施設への入所が避けられなくなる事例が少なくない」と指摘する。
その上で「熱中症というと、その場で終わる病気と考えている人も多いが、脱水や体温の急激な上昇は複数の臓器に障害をもたらすし、血流も低下させる。その結果、脳や心臓といった重要でダメージが出やすい臓器に大きな問題を引き起こしてしまう。熱中症は急性期だけでなく、予後の点でも生命を左右する病気であり、軽く見ないでほしい」と訴えている。(時事通信・喜多壮太郎)

◇诱发其他疾病、认知功能低下
谷口医生之所以呼吁大家如此警惕,是因为中暑后遗症在老年人中已经成为一个大问题。“如果是高中生,即使被救护车运送,只要进行点滴和降温等措施,一天就能出院。但是,人一旦上了年纪,中暑本身的症状虽然可以通过治疗恢复,但由于诱发脑血管系统和循环系统的疾病,或者认知功能大幅下降,需要住院一周以上,之后不得不入住护理机构也是常有的。”
他还说:“一提到中暑,很多人都认为是一种当场就能结束的病,但脱水和体温急剧上升会给多个脏器带来障碍,血流也会下降。其结果,会给大脑和心脏等重要的容易受损的器官带来严重的问题。中暑不仅在急性期,在后遗症方面也是左右生命的疾病,希望大家不要轻视。”(时事通信·喜多壮太郎)