2020年7月11日(現地時間、以下同様)、アメリカ航空宇宙局(NASA)の太陽探査機は3回目の金星スイングバイを実施しました。スイングバイとは惑星などの重力を利用して軌道を変化させる手法のことで、パーカー・ソーラー・プローブでは全部で7回の金星スイングバイが予定されています。
2021年2月25日、NASAは前年7月の金星スイングバイ時にパーカー・ソーラー・プローブの広視野カメラ「WISPR(Wide-field Imager for Parker Solar Probe)」によって撮影された金星の画像を公開しました。こちらがその画像で、およそ1万2400km離れたところから見た金星の夜側が画像の左側に収められています。

2020年7月11日(当地时间下同),美国宇航局(NASA)的太阳探测器实施了第三次的对金星的绕星变轨。绕星变轨是利用行星的重力,进行变轨的手法,该探测器预定实施7次对金星的绕星变轨。
2021年2月25日,NASA公开了去年7月对金星进行绕星变轨时该探测器的广视野摄像机(WISPR(Wide-field Imager for Parker Solar Probe)拍摄的金星的图像。这边就是该图像,这是在高达1万2400km地方看到的金星夜晚一侧的画像。


この画像はパーカー・ソーラー・プローブの運用チームを驚かせたといいます。WISPRは太陽コロナや内部太陽圏を可視光線の波長で観測するように設計されている(※)ため、WISPRのプロジェクトサイエンティストを務めるジョンズ・ホプキンス応用物理学研究所のAngelos Vourlidas氏は「雲が見えると予想していました」と振り返ります。
ところが、WISPRは金星の分厚い雲の下に広がる地表の特徴を捉えました。WISPRチームの一員である米海軍調査研究所のBrian Wood氏は、WISPRが金星表面からの熱放射を効果的に捉えており、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の金星探査機「あかつき」が近赤外線の波長で観測した画像にとても良く似ていると語ります。このため、WISPRチームは赤外線に対する機器の感度を改めて測定することになったといいます。

这个图像让探测器的使用团队很震惊。WISPR被设计为可以观测日冕和太阳圈内部的可见光范围的波长。所以担任WISPR设计师的约翰霍普金斯应用物理研究所的Angelos Vourlidas解释道,以为只能看到云而已。

NASAによると、もしもWISPRが近赤外線の波長も捉えられる場合、太陽の周辺や内部太陽系の塵を研究する新たな機会が得られるといいます。また、WISPRに近赤外線を捉える能力が無かった場合、地表の様子を探ることが可能な知られざる金星大気の「窓」の存在が新たに判明した可能性があるといいます。Vourlidas氏は「どちらにしても、大変興味深い機会が私たちを待っています」とコメントしています。
なお、パーカー・ソーラー・プローブは2021年2月20日に4回目の金星スイングバイを実施しました。WISPRチームは前年の観測結果を受けて金星の夜側に対する同様の観測を4回目のスイングバイでも試みており、4月末までに受信・処理される観測データの分析を心待ちにしているとのことです。

根据NASA的说明,如果WISPR可以捕捉到近红外线的波长,那么可以得到研究太阳周围和太阳系内部的灰尘的新的研究机会。而且,WISPR本身并没有捕捉近红外线能力的情况,就证明金星的大气中可能存在可以观测金星地表情况的未知的“窗户”。Vourlidas评论道,不管是那种情况,都是说明有让人感兴趣的东西等待着我们去发现。
该探测器在2021年2月20日还会对金星展开第4次的绕星变轨飞行。WISPR的研究团队接受去年的观测结果,对金星夜晚一侧进行了同样的观测,将其作为第4次变轨的内容。期待着在4月末对接收和处理的观测数据进行分析。